業務プロセスコンサルティング

すでに始まっている未来の課題を どうとらえるか 現在の課題を克服する確信をどうして得るか   生産年齢人口の減少等による構造的な人手不足の現状と、その状況において中小企業にとって女性・シニアの需要が高まっている。 生産年齢人口の減少や少子高齢化といった 我が国の構造的な問題

現状の業務を見直して業務を効率化することに成功すれば、時間の余裕を生み出すなど、事業の円滑な運営に寄与するものと期待される。

企業改革の突破口は必ずある。

業務プロセスを改善して、局面を打開したい
ご要望に 応える経営コンサルティングへの依頼の手始めとしてまず気軽にご相談下さい。

業務見直しの課題

  1. 業務に追われ、業務見直しの時間が取れない
  2. 取組を主導できる人材が社内にいない
  3. 取組の目的や目標が上手く設定できない
  4. 取組を進めるノウハウがない
  5. 取組の目的や目標が従業員に、伝わらず協力を得られない
  6. 適切な相談相手がいない・相談料が高い

資料(三菱UFJリサーチ&コンサルティングより)

中小企業にもできる突破口はいくつもある。
依頼の手始めとしてまず気軽にご相談下さい。

デジタル化社会では、IoT・AIを活用した生産性向上の取組が重要。

デジタル化が進展する社会にあっては、中小企業にとってもIoT・AIを活用することが有益。
データを活用し、業務効率化や売上増につながる取組を促進することが必要。 期待される。

導入事例

企業改革の突破口は必ずある

お問い合わせ
 
101-0052 東京都千代田区神田小川町1-8-3 小川町北ビル8F
電話(代表):03-3256-4167 FAX:03-3256-4168 e-mail:eigyo@ccco.jp
外国人材受入事業部 電話:03-6826-7789